部分入れ歯の学術講演会

新江古田こばやし歯科クリニックブログ

「健康へと導き、守り抜く歯科医院の達成」を目指す新江古田こばやし歯科クリニック

部分入れ歯の学術講演会

平成27年3月13日(金)中野区歯科医師会の学術講演会に参加してきました。
 
日本大学歯科補綴学第Ⅱ講座の石上友彦教授による「部分床義歯設計の要点と術後トラブルの対応」として
①部分床義歯の設計
②義歯のメインテナンスなどのお話でした。
 
患者さんの要望やライフステージを考慮し多くの引き出しから必要な知識や技を出す、石上教授の臨床は非常に素晴らしく、明日からの診療に役立てるべき内容でした。
 
昨日のお話をお伺いして、当院でのメインテナンス中の患者さんへの義歯チェックも変わりそうです。
しっかり咬めること、そして周囲の自分の歯を残すこと。良い状態をキープするにはしっかりメインテナンスしなくてはいけませんよね。
 
定期的なメインテナンスでのチェック項目が増えそうです。
スタッフみんなででシェアすることで、医院の総合力が上がりそうでワクワクしています。

関連する記事

  • 奥歯3本のインプラント治療2013年2月5日 奥歯3本のインプラント治療 本日は奥歯3本のインプラント治療を行いました。 診断をして、CT撮影を行い、サージカルステント・サージカルガイドを用いて埋め込 […]
  • Web予約が一時的に取れなくなります2016年10月7日 Web予約が一時的に取れなくなります Web予約のシステム更新のため、HPからの予約が取れなくなります。 日時は10月8日(土)~10月11日もしくは12日(予定) […]
  • 先月のミーティング風景をご紹介2022年9月27日 先月のミーティング風景をご紹介 こんにちは、新江古田こばやし歯科クリニックです(^^)   先月に行ったミーティング風景です! 今回は権限委譲を […]