「健康へと導き、守り抜く歯科医院の達成」を目指す新江古田こばやし歯科クリニック

抜歯

“先生が決心させてくれた”
 
前歯の抜歯をする直前の患者様の言葉です。
歯科に対して恐怖心が非常に強く、歯周病が重度でどうしても抜歯が必要な患者様です。
腫れたり痛んでも、治療が怖いので消毒やお薬でしのいでいました。
 
そうして数カ月が経過してしまい、次は別の部位にむし歯が見つかりました。
虫歯は非常に小さいので、何とか頑張って頂き治療をすることに。
 
まず表面麻酔、次に麻酔その後むし歯を削って詰めて、終わってみると「今の歯医者さんはこんなに痛くないのね。途中から寝てた」と仰いました。
そして「やらなくてはいけないとわかっていた抜歯をします」と。
 
治療には理想的な順序があります。
しかしそれだけでなく、実際には、患者様に寄り添って、共通のゴールを見て手助けさせてもらうことが大切だと改めて実感しました。
 
そして苦手意識が徐々に薄れ、今はご本人の希望で短期でのメインテナンス中です。
 
しっかりした治療や予防を追求すること、患者様に寄り添い応援することを新江古田こばやし歯科はこれからも大切にしていきたいと思います。

関連する記事

  • インビザライン治療の具体的な進め方2024年1月15日 インビザライン治療の具体的な進め方 こんにちは、東京都中野区江原町にある新江古田こばやし歯科クリニックの院長、小林良です。 今日は、多くの方が関心を持つインビ […]
  • 年末年始の診療時間と開院1周年記念2012年12月29日 年末年始の診療時間と開院1周年記念 新江古田こばやし歯科クリニックからのお知らせです。   ①年末年始の診療時間 年末は12月29日13:00まで […]
  • 年末年始休診のお知らせ2013年12月29日 年末年始休診のお知らせ ご縁があり新江古田の地で開院して、来年の1月11日から3年目に入ります。   今年は非常に多くの変化がありました。 […]