歯がぐらつく 歯ぐきからの出血 歯ぐきの腫れ

新江古田こばやし歯科クリニックブログ

「健康へと導き、守り抜く歯科医院の達成」を目指す新江古田こばやし歯科クリニック

歯がぐらつく 歯ぐきからの出血 歯ぐきの腫れ

最近は歯科健診希望の初診の患者様に多くいらして頂いています。
中野区成人歯科健診も1月までですので、受診希望の方は気をつけてくださいね。
 
歯科健診の患者様には以下のような流れで対応しております。
①問診(聞き取り)
②お口の中の検査(むし歯・歯周病・義歯・歯並びなど)
③必要があればレントゲン写真検査、唾液検査
④お口の中の写真検査
⑤クリーニング
 
状況に応じて模型検査、CT検査も行います。
 
ご自分のお口の中での気になることで多い内容が
歯がぐらぐらする
歯磨き時に歯ぐきから出血する
体調が悪いと歯ぐきが腫れるといった歯周病の訴えです。
 
成人の8割以上が罹患しているとされている歯周病。実際にはそれより多いのではないでしょうか?
歯周病は歯の周りの病気です。歯ぐきの表層から始まり、じわじわと深部まで進もうとします。それも症状なく。
 
治療はステップを踏んで行います。
歯ぐきの検査 レントゲン検査
歯磨きの確認
スケーリング(目視できる歯石の除去)
SRP(目視できない歯石の除去)
歯周外科処置
 
つまり治療自体も表層から深部へのアプローチとなっていきます。
 
歯を失ったときの選択肢にブリッジやインプラントがあります。
しかしブリッジにしてもインプラントにしてもお口の中に歯周病が進行した状態ではリスクが上がります。
 
治療開始のタイミングは、早ければ早いほど良いです。
ぜひ詳しい検査をして、ご自分のお口の中の状況をしっかりと把握したうえで、良い状態を維持して頂きたいと思います。

関連する記事