歯ブラシを交換すべき「タイミング」

新江古田こばやし歯科クリニックブログ

「健康へと導き、守り抜く歯科医院の達成」を目指す新江古田こばやし歯科クリニック

歯ブラシを交換すべき「タイミング」


 
こんにちは。新江古田こばやし歯科クリニックの歯科衛生士です。
3月は寒い冬から暖かな春へと変わる季節の変わり目。そして、進学や就職といった新しい環境に向けて準備が必要な時期でもあります。
この機会に心機一転、身の回りのものを新しいものに交換して、晴れやかな気分で春を迎えてみるのもよいかもしれませんね!
 
さて、交換といえば、皆さんは「歯ブラシを交換するタイミング」について考えたことはありますか?
まだまだ使えるから大丈夫!と思っていても、実はお口を傷つける原因となる場合や、細菌が溢れかえって不衛生な状態になっていることもあります。
 
そこで今回は、こうなってからじゃ遅い!歯ブラシを交換すべきタイミングについてお話させていただきます。
 
◆毛先が開いたら「使いすぎ」?
同じ歯ブラシを使い続けたり、強い力で磨いていると毛先が広がってしまうことがあります。
このような歯ブラシでは、せっかく歯を磨いても汚れを十分に落とすことはできません。
というのも、毛先の整った新品の歯ブラシでは除去できていた歯垢も、毛先が開いてしまうと約4割も除去率が下がってしまうのです。
 

 
しかも、そのような歯ブラシで磨いていると、開いた毛先が歯ぐきを傷つけ、出血してしまうことがあります。
『歯ブラシの毛先が開いてしまったら』早めに交換するようにしましょう!
 
◆見えない細菌がいっぱい…毛先が開いていなくても0ヶ月で交換!
毛先が開いていなくても交換すべきタイミングがあります。最低でも『使い始めてから約1ヶ月経ったとき』です。
 
歯ブラシは使い続けるうちに、目に見えなくても細菌が繁殖していきます。
3週間も使い続けると、その細菌の数はおよそ100万個に上るといわれ、なんとトイレの水の80倍に相当します。
 

 
そのような歯ブラシを使い続けていれば、せっかくの歯みがきも雑菌をこすりつけているようなもの。むし歯や歯周病、口臭の原因になってしまうので、たとえ見た目が綺麗でも、1ヶ月も使ったら交換するのがお勧めです。
 
◆細菌の繁殖を抑えるためには?
歯ブラシに細菌を繁殖させないコツは、使い終わったらしっかり乾燥させて、清潔な場所に保管することです。細菌は水分や湿度が高いと活性化し、周囲の栄養分を取り込んで繁殖します。
そのため、歯ブラシを濡れたまま保管すると、細菌にとって絶好のすみかになってしまいます。
 
また、意外とやってしまいがちなのが歯ブラシのキャップをつけたままにすること。
使ったあとにキャップをつけて保管すると、なかなか乾燥せず湿度の高い状態が続くので、細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。
歯ブラシのキャップはしっかり乾燥させたあとに、ポーチなどに入れて持ち運ぶ時に使いましょう。
歯ブラシを保管する際は水分や湿度に気をつけて、置き場となるコップやスタンドを清潔に保つことで細菌が繁殖しにくい環境を作ることができるので、ぜひ実践してみてください。
 

 
このように「正しい使い方」「保管」で歯ブラシを長持ちさせることができますが、いつまでも清潔に保つには限界があります。
もしも毛先が開いたり、使い始めて1ヶ月程経ったら、決してそのままにせず歯ブラシを交換しましょう!

関連する記事

  • ワクチン接種2021年7月5日 ワクチン接種 患者様から「ワクチン接種に行ったよ」とお声掛けいただくことが多くなりました。 当院でも希望スタッフの2回目の接種は6月始めに終 […]
  • 中野区5歳児歯科健診 妊産婦歯科健診2014年4月30日 中野区5歳児歯科健診 妊産婦歯科健診 中野区の5歳児健診、成人歯科健診が始まります。 5歳でお口の状況を把握し、予防や定期健診について知っていただくことに実は非常に […]
  • 改装工事、完了です!2021年9月21日 改装工事、完了です! こんにちは。新江古田こばやし歯科クリニックの歯科衛生士です。   先月のブログでもご紹介していた床と壁紙の貼り替え […]