日々これ精進!ブラッシングのコツ

新江古田こばやし歯科クリニックブログ

「健康へと導き、守り抜く歯科医院の達成」を目指す新江古田こばやし歯科クリニック

日々これ精進!ブラッシングのコツ


 
こんにちは。新江古田こばやし歯科クリニックの歯科衛生士です。
蒸し暑い日が増えてきたように感じますがいかがお過ごしでしょうか。
 
7月といえば七夕ですね。
現在では「○○が欲しい」「○○になりたい」など幅広い願いごとが書かれる七夕の短冊ですが、もともとは織物の上手な織姫にあやかって、「物事が上達しますように」との願いを込めて短冊をしたためていました。
 
皆さんはこの夏、何を上達させたいですか?
もし現在、目標としているものがあれば、その上達をお願いしてみるのもいいかもしれませんね。
 
さて、歯科において上達していただきたいことといえば、やはりブラッシング
今回は、ブラッシングの基本と、リスクになりやすい部位ごとのブラッシングのコツをご紹介いたします。
 
◆ブラッシングの基本
まず大事なのは持ち方。
「えっ?そんなところから?」と思われるかもしれませんが、歯を傷つけないために大切なことです。
 
歯ブラシは力の入りすぎを防ぎ、細かく丁寧に動かせるように、えんぴつのように持ちます。
歯面には歯ブラシの毛先を垂直に当て、小刻みに往復(5~10mm程度を目安に)させながら、1~2本ずつ丁寧に磨きましょう。
この時、力を入れ過ぎてブラシの毛先が広がらないように注意してくださいね。
 

 
次は、少しコツが必要な部位について。
 
◆磨き残しが多い5か所
1.歯と歯の間
歯間ブラシやデンタルフロスの使用が効果的です。歯と歯の間の歯垢(プラーク)は、歯ブラシだけでは6割ほどしか除去できないのに対し、歯間ブラシやデンタルフロスを併用すると9割近くのプラークを除去できるというデータがあります。
 
2.歯と歯ぐきの間
歯や歯ぐきの状態によって、歯ブラシを45度、または90度になるように当て、弱めの力でマッサージするように細かく振動させます。
 

 
3.前歯の裏側
歯ブラシを縦に使い上下に動かして磨きます。下の前歯の裏側はブラシのかかと部分を使い、汚れをかき出すように磨いてみましょう。
 
4.奥歯の噛み合わせ
奥歯の「噛み合わせ面」は溝が深く、磨き残しが多い場所です。くぼみ部分にブラシの毛先を入れ込むように当て、小刻みに動かして磨きます。
 
5.奥歯の後ろ側
歯ブラシを斜めに入れるなど奥まで届くように角度を調整しながらブラシのつま先を使って磨きます。
難しい場合はワンタフトブラシ(毛束が1つのみのブラシ)など、ヘッドがコンパクトなブラシを使用してみましょう。
 

 
ちょっとの心がけブラッシングの効果はグンと高まります
 
全てを一度にマスターするのは難しいかもしれませんが「今日はここを頑張ってみよう」と、ひとつずつチャレンジしてみてください!
上手に磨けているか不安な方や、自分に合ったブラシが分からない…などお悩みの場合は、お気軽にご相談ください。
いつでもお待ちしております。

関連する記事

  • 歯ブラシを交換すべき「タイミング」2022年3月4日 歯ブラシを交換すべき「タイミング」   こんにちは。新江古田こばやし歯科クリニックの歯科衛生士です。 3月は寒い冬から暖かな春へと変わる季節の変わ […]
  • 年末年始の診療のご案内2017年12月9日 年末年始の診療のご案内 師走を迎え、何かと慌ただしい時期です。 皆さんいかがお過ごしでしょうか。   今年の年末年始の診療についてご案内 […]
  • 年末年始休診のお知らせ2013年12月29日 年末年始休診のお知らせ ご縁があり新江古田の地で開院して、来年の1月11日から3年目に入ります。   今年は非常に多くの変化がありました。 […]