「先生、痛いのはそこじゃないんです」は勘違い?

新江古田こばやし歯科クリニックブログ

「健康へと導き、守り抜く歯科医院の達成」を目指す新江古田こばやし歯科クリニック

「先生、痛いのはそこじゃないんです」は勘違い?


 
こんにちは。新江古田こばやし歯科クリニックの歯科衛生士です。
日本の夏といえば、やはりお祭りや花火といった風物詩ですね。
 
その花火が、実はヨーロッパ生まれということはご存じでしょうか?中国で発明された火薬がヨーロッパに渡り、来日していた英国人によって徳川家康に披露された、というのが日本における花火の発祥のようです。
日本の風物詩のイメージが強い花火ですが、その生まれが海外というのは少し意外かもしれませんね。
 
ところで「歯の治療に関する意外」といえば「痛い!と思っていた歯が実は別の歯だった」ということが珍しくありません。「自分の身体のことは自分が一番よくわかる」と言う方がいらっしゃいますが、実は人間の身体は勘違いを起こしやすいのです。
 
では、なぜそうした「勘違い」を起こしてしまうのでしょうか?
 
◆「歯の痛み」の通り道『三叉神経』
「歯の痛み」を脳に伝える役割は、顔の左右にある『三叉神経(さんさしんけい)』という「脳神経」が担っています。
 

 
脳から伸びた三叉神経は、おでこから頬、あごのあたりまで、大きく分けて3つのエリアに分かれて繋がっており、顔に「どんなものが触れた」か、それが「冷たい」か「温かい」か、といった「顔の感覚」を脳に伝える働きをしています。
 
そして、この三叉神経はお口の中にも繋がっているため、歯の痛みもこの神経を通じて脳に届きます。
 
◆間違えやすいワケ
とある実験では、歯に触れて「いま、どの歯に触れたか」という質問をしてみたところ、奥歯に近づくにつれて正解率が下がったという結果があります。
これは、お口などに繋がっている三叉神経が、脳に近づくにつれて一本の神経になるためです。「痛み」をはじめ「歯に生じた感覚」は信号となり、三叉神経を通して脳まで伝わります。
 
しかし、その『信号』が『脳に続く一本道』に到達した際、「お口の辺り」から来たのはわかるけど、細かい場所までは覚えていない状態になってしまうことがあります。
 
これが、『痛みの勘違いの正体』です。
 

 
「歯の痛みの勘違い」で特に多いのが「痛いと思っていた隣の歯が原因だった」というケースです。
また、隣り合った歯だけでなく「上の歯が痛いと思ったら下の歯が原因だった」場合や、さらには「歯だと思ったら、鼻の炎症が原因だった」「目の周りの神経が原因だった」など、一見するとお口から遠い場所でも痛みの勘違いが発生することがあります。
このように「痛みの原因の特定」皆さんご自身では非常に困難なことがありますので、何か痛みを感じたら早めに受診してください。
 

 
また、痛みの勘違いにより「痛くないところを削られた!」と思い込んでしまう方がまれにいらっしゃいますが、そのようなことはまずあり得ません。ご不安な場合は、遠慮せずご質問いただければ必ずお答えさせていただきますので、いつでもお声がけください。
そして、日頃から検診などを受けて、削らなくても済むように歯を大切にしてくださいね!

関連する記事

  • 夏季休診のご案内2018年8月3日 夏季休診のご案内 8月11日~8月14日まで休診とさせていただきます。 なお、その前後の8日~10日、15日~17日まではスタッフの勤務体制が変 […]
  • 改装工事、完了です!2021年9月21日 改装工事、完了です! こんにちは。新江古田こばやし歯科クリニックの歯科衛生士です。   先月のブログでもご紹介していた床と壁紙の貼り替え […]
  • 年末年始の休診2015年12月18日 年末年始の休診 今年も残すところわずかになってまいりましたね。 2015年は皆様にとってどんな1年でしたでしょうか。笑顔が増えた1年であれば幸 […]