«  2013年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2013年1月30日


"先生が決心させてくれた"

前歯の抜歯をする直前の患者様の言葉です。
歯科に対して恐怖心が非常に強く、歯周病が重度でどうしても抜歯が必要な患者様です。
腫れたり、痛んだりしても、治療が怖いので、消毒やお薬でしのいでいました。

そうして数カ月が経過してしまい、次は別の部位にむし歯が見つかりました。
虫歯は非常に小さいので、何とか頑張って頂き、治療をすることに。

まず表面麻酔 次に麻酔 その後むし歯を削って 詰めて、
終わってみると"今の歯医者さんはこんなに痛くないのね。途中から寝てた"と仰いました。

そして"やらなくてはいけないとわかっていた抜歯をします"と。


治療には理想的な順序があります。
しかしそれだけでなく、実際には、患者様に寄り添って、共通のゴールを見て
手助けさせてもらうことが大切だと改めて実感しました。

そして苦手意識が徐々に薄れ、今はご本人の希望で短期でのメインテナンス中です。


しっかりとした治療や予防を追求すること、患者様に寄り添い応援することを
新江古田こばやし歯科はこれからも大切にしていきたいと思います。


国際インプラント学会認定医 
日本口腔インプラント学会認証医
日本歯周病学会 
新江古田こばやし歯科クリニック 
 ホームページはこちら
 

2013年1月26日


最近は歯科健診希望の初診の患者様に多くいらして頂いています。
中野区成人歯科健診も1月までですので、受診希望の方は気をつけてくださいね。

歯科健診の患者様には以下のような流れで対応しております。
  ①問診(聞き取り)
  ②お口の中の検査(むし歯・歯周病・義歯・歯並びなど)
  ③必要があればレントゲン写真検査、唾液検査
  ④お口の中の写真検査
  ⑤クリーニング

状況に応じて
  模型検査  CT検査  も行います。

ご自分のお口の中での気になること で多い内容が
   歯がぐらぐらする 
   歯磨き時に歯ぐきから出血する
   体調が悪いと歯ぐきが腫れる   といった歯周病の訴えです。

成人の8割以上が罹患しているとされている歯周病。
実際にはそれより多いのではないでしょうか?

歯周病は歯の周りの病気です。
歯ぐきの表層から始まり、じわじわと深部まで進もうとします。
それも症状なく。

治療はステップを踏んで行ってゆきます。
  歯ぐきの検査 レントゲン検査
  歯磨きの確認
  スケーリング (目視できる歯石の除去)
  SRP (目視できない歯石の除去)
  歯周外科処置

つまり治療自体も表層から深部へのアプローチとなってゆきます。


歯を失ったときの選択肢にブリッジやインプラントがあります。
しかしブリッジにしてもインプラントにしても
お口の中に歯周病が進行した状態ではリスクがあがります。

治療開始のタイミングは、早ければ早いほど良いです。
ぜひ詳しい検査をして、ご自分のお口の中の状況をしっかりと把握したうえで、
良い状態を維持して頂きたいと思います。


国際インプラント学会認定医 
日本口腔インプラント学会認証医
日本歯周病学会 
新江古田こばやし歯科クリニック 小林良

2013年1月20日

新江古田こばやし歯科クリニックでは歯科医師を募集しております。

当院では
 まず患者様の抱えている問題を医療面接でしっかりと把握する。
 現在の問題をしっかりと解決することが何より大切です。
 次に、長く良い状態を保つための問題を解決します。

大きな柱として
 現状の詳細な把握と解決
 将来起こりうる問題の予測と予防 
 この2点を考えております。

その為には
 資料採取
 患者様が理解・納得できる説明
 知識・技術、および研鑽
 メインテナンス
 が必要です。

インプラントについてはやはりCTは必須です。
安全にシンプルにインプラント治療を行うために
診断用WAXUP、CT撮影、サージカルステント作製、等を行います。

歯周治療については
SRP、FMD、FOP、EMDなどを行っております。

審美歯科については
症例によりコンピュータでシュミレーションして患者様に説明を行います。
歯科技工士とのやり取りも勉強になります。

小児歯科については
ラバーダムを用いてのCR充填、断髄、咬合誘導などを行っています。

予防処置としては
唾液検査を用いてカリオグラムを使用しています。
その後にメインテナンス移行しますが
症例により3DSや再石灰化療法などを行います。

医院として
今後さらに質を高めていくために
設備と体勢も整えていきたいと考えております。
 

勤務時間、給与については相談により決定しましょう。

切磋琢磨、刺激し合える仲間として新江古田こばやし歯科で働いてみませんか?


国際インプラント学会認定医 
日本口腔インプラント学会認証医
かみあわせ認定医
日本歯周病学会 
新江古田こばやし歯科クリニック 小林良

2013年1月19日

酸蝕歯 酸蝕症

皆さんは聞いたことがあるでしょうか?
聞きなれない方も多いとは思いますが、最近、酸蝕症の方が増えています。

文字通りですが
酸にさらされることによってよって歯が溶けてしまう状態の事です。

歯の表面が溶けることによって
  歯の色が黄色くなり、つやがなくなる。
  歯がすり減り、凹凸ができる
  しみやすくなる
  詰め物が外れたり、虫歯になりやすくなる

"酸"といっても原因は身近にあるものが非常に多く、体に良いとされているものもあります。
  炭酸飲料 スポーツドリンク ワイン
  柑橘系の果物や飲料
  お酢
  胃酸     などが代表的なものです。
  ある意味、現代の病気といえるのではないでしょうか?

治療としてはこの4つを柱にします。
  ①原因の把握と改善 これが最も大切です。
  ②ついで悪化させやすい事項の確認と改善 (歯磨き方法、唾液の量、歯ぎしりなど)
  ③歯の強化 (再石灰化 3DS) 
  ④歯の修復

早く気づくことで対策を練ることができます。
歯が溶ける酸蝕歯、酸蝕症 ぜひ気をつけてください!
 

国際インプラント学会認定医 
日本口腔インプラント学会認証医
日本歯周病学会 
新江古田こばやし歯科クリニック 小林良

2013年1月16日

道に残っている雪もかなり少なくなってきましたね。

私の通勤時や帰宅時には基本的に凍結しております。
皆さんもケガには気をつけてください。


当院では最近は奥歯のセラミック治療を行うことが多いです。

審美的な側面はもちろん優れています。
しかし長い目で自分のお口の健康を考えていただいた時に
プラークが付着しにくい事を理由に選択する患者様が多くいらっしゃいます。

勿論、材質だけの問題ではないので、毎日のブラッシングが基本ですが
お口の健康に関して考えて頂くことを嬉しく思います。
自分のお口の健康に関心を持つきっかけは多いに越したことはないですので。

先日、"口臭"と"スポーツマウスガード"のページを作成し始めましたので
興味がある方は目を通して頂ければと思います。まだ途中ですが。。

寒い日が続きますが、明日も笑顔で過ごしたいと思います。


ICOI国際インプラント学会認定医 
日本口腔インプラント学会認証医
日本歯周病学会 
新江古田こばやし歯科クリニック 小林良

2013年1月11日


以前から皆様にお伝えしておりましたが
明日1月11日は当院の開業1周年です。
1月12日午後だけ子供のフッ素塗布、大人の前歯クリーニングを無料で行います。

イベントは恒例にしていきますので、これからもお楽しみに!

新江古田こばやし歯科クリニックは
皆様のお口のパートナーとして、よりよい治療と予防を行って参ります。

患者様、スタッフ、家族、業者の方々、医院を応援して下さった方に感謝して
明日も笑顔で診療に臨みたいと思います。

昨日のインプラントオペの患者様も腫れずに、
痛み止めも当日の1錠のみで、他は使用せずに済んだとのことでした。
やはり準備をして、負担の少ない処置を行うことは大切だと思います。

明日は遠方からの患者様に上の奥へのインプラントの埋め込み処置を行います。
インプラントを用いて、義歯をしっかりと安定させるための埋め込みになります。
CTでのシュミレーションをして今日は早めに寝る予定です。

これからも新江古田こばやし歯科クリニックの成長を続けます。
どうぞよろしくお願いいたします。


国際インプラント学会認定医 
日本口腔インプラント学会認証医
日本歯周病学会 
新江古田こばやし歯科クリニック 小林良

2013年1月 9日

今日はインプラントの診療が多い一日でした。

インプラントの埋め込み、上部構造の為の型取り、
模型とCTでのシュミレーション後のサージカルガイド作製などです。

上顎への埋め込みはCTでのシュミレーションにより滞りなく終えることができました。
サージカルガイドとはCTでのシュミレーション通りにインプラント手術を行う為の装置です。

当院のサージカルガイドはドイツに送り作成しておりますので、
準備期間がどうしてもかかってしまいます。

しかし、全ての診療において、
患者様の負担が少ない診療を行う為には検査や準備が必要不可欠です。

ぜひ二人三脚でより良いゴールを目指して頑張りましょう。


国際インプラント学会認定医 
日本口腔インプラント学会認証医
日本歯周病学会 
新江古田こばやし歯科クリニック 小林良

2013年1月 4日

あけましておめでとうございます。

年末年始は友人家族と出かけたり、私の実家の千葉県柏で
家族でゆっくり過ごすことができました。
子供の成長の早さには本当に驚かされますね。

1月11日で新江古田こばやし歯科クリニックも一年です。
1月12日土曜日の午後にささやかなイベントを行います。
これを機にお一人にでも
歯科医院が身近なものと感じて頂ければ嬉しいです。

皆様に感謝の気持ちを忘れずに
しっかりとした歯科医療を提供できるように頑張ってまいります。
今年もよろしくお願いいたします。

国際インプラント学会認定医 
日本口腔インプラント学会認証医
日本歯周病学会 
新江古田こばやし歯科クリニック 小林良

« 2012年12月 | メイン | 2013年2月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 小林良 新江古田こばやし歯科クリニック
院長 小林良

【経歴】
日本大学歯学部卒業
東京医科歯科大学歯周病科専攻

【所属学会】
国際インプラント学会 認定医
日本歯科先端技術研究所 認定医
日本口腔インプラント学会 認証医
日本顎咬合学会 かみあわせ認定医
日本歯周病学会 会員