2012年10月 « トップへ » 2013年3月

2013年1月 9日

自分のにおい、自分の口臭はわからない

"口臭"と聞くと自分は大丈夫かな?と心配になってしまいますよね。なぜ心配になるかというと、嗅覚は主観的であり、順応反応もあるから。つまり自分のにおいは自分ではわからないということです。実は口臭は誰にでもあるものです。

口臭の90%以上はお口が原因です

口臭は日内変動があり、起床時に最も強く、空腹、疲労、緊張などで強くなり、口腔清掃や食事により減弱します。口臭の90%以上はお口の疾患や異常が原因ですので、歯科医師による口臭治療が必要なのです。

歯とお口のけがを防ぎ、障害を軽くするためのマウスガード

マウスガードマウスガードはマウスピースやマウスプロテクターとも呼ぶ、衝撃を分散する安全具です。歯が折れたり、抜けたりする場合でも、ぐらつく程度に軽減できると言われています。

歯、お口のけがの特徴
転倒、衝突により歯の破折やグラグラが起こることが多いです。歯は人体で最も硬いですので、接触時に相手を傷つけてしまうこともあります。上顎前突などの出っ歯は怪我をしやすいこともあります。

マウスガード装着が義務化されているスポーツも増えています
現在、マウスガードはボクシングなどの格闘技系のスポーツだけでなくアメリカンフットボールやラグビーなどのコンタクトスポーツや、野球、サッカー、バスケットボールなど突発的な事故が起こりやすいスポーツでも装着が望ましいとされています。

義務化されているスポーツ
・ボクシング
・格闘技
・アメリカンフットボール
・キックボクシング
・ラクロスなど

スポーツによって色の制限がある場合もありますので御相談ください。

カスタムメイド、オーダーメイドのマウスガード

歯の形は人それぞれです。自分のお口に合っていてこそ、マウスガードの有効性が発揮されます。お口にぴったり合ったマウスガードは歯科医院で作った方が近道です。

口臭の種類にはこのようなものがあります

●1.真性口臭症(口臭を認めるもの)
A) 生理的口臭...お口の中の細菌の腐敗作用が原因であり、問題は舌の汚れです。
B) 病的口臭(お口が原因)...お口の中の病気や変化が原因であり、問題は歯周病、唾液分泌低下、舌苔などです。

●全身的なものが原因...耳鼻咽喉系、呼吸器系、消化器系など
2.仮性口臭症(問題にならない口臭)。これ以外にも飲食物・嗜好品による口臭もあります。(にら、ニンニク、アルコール、タバコなど)

それぞれ、においの特徴があり、強い表現ではありますが以下のように言われます。

●硫化水素...卵の腐ったようなにおい 
●メチルメルカプタン...血生臭い、魚や野菜の腐ったようなにおい
●ジメチルサルファイド...生ごみのようなにおい

口臭はこれらのガスが混合したものですので、しっかりと治療を行うべきです。

マウスガードのメインテナンス

1.使用後は、流水で洗って清潔に保管する。
2.温度の高いところに置いておくと変形するので注意する。
3.汚れがついてしまった場合は、入れ歯用、矯正装置用などの洗浄剤を使用する。
4.長期間の使用で、劣化や変形がある場合は、新たに作る必要性がある。

マウスガードの費用

費用としてはスポーツにもよりますが5000円~20000円程度がかかります。御相談下さい。

口臭治療の進め方

口臭治療の進め方当院では口臭治療の進め方については患者様と相談させて頂きます。

①治療前に口臭の原因物質(上記VSCの3種類)を専用機器にて測定してから、治療を開始する場合
②原因物質の測定は行わずに、口臭の有無で治療開始を決定する場合


※①の口臭原因物質の特定・測定を希望される患者様には、口臭治療の提携専門施設と致しまして、東京医科歯科大学の息さわやか外来に口臭測定を依頼させて頂くようになります。

※①の測定後、もしくは②の患者様におかれましては、当院での検査後に口臭治療を開始いたします。

※口臭治療の費用に関しましては保険治療が適用される場合と保険外診療になる場合とがあります。尚、東京医科歯科大学での口臭測定に関しましては保険外診療になります。


2012年10月 « トップへ » 2013年3月


コールバック予約

「虫歯・歯周病・審美歯科・インプラント・顎のこと……」口元の無料相談実施しています

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

PAGE TOP