トップへ » 私たちの6つのコンセプト » インプラント治療 » 【インプラント】歯を失ってしまった場合の治療方法

【インプラント】歯を失ってしまった場合の治療方法

インプラント

今までの治療方法とは?
何らかの理由で歯を失ってしまうと、うまく噛めない、うまく話せない、歯並びがだんだん悪くなっていく、といった問題が生じてきます。不幸にも歯を失った時、今までは一般歯科(健康保険適応内)で治療ができる「入れ歯」や前後の歯を削って被せる「ブリッジ」などが中心に行われてきました。

違和感や異物感がなく、本物の歯と同じような使用感
これに対し、第3の治療方法として私たちがオススメしているのが「インプラント」です。インプラントとは、歯の抜けたあごの骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上から人工の歯を被せる治療方法です。ブリッジや入れ歯のような違和感や異物感がなく、本物の歯と同じような使用感があります。

歯を失ってしまった場合の治療方法

インプラント
インプラント
ブリッジ
ブリッジ
入れ歯
入れ歯
隣の歯 削らない 削る 少し削る
隣の歯への負担 なし
様式 固定式 固定式 取り外し式
咀嚼(咬む)
保険 適応外 適応 適応
外科的要素 あり なし なし

上記は一般的な設計です。それぞれの治療方法にいい点はあります。患者さまの状況により多種多様に設計を考え、できるだけ希望に沿ってゆきたいと思います。

"安心・安全・長持ち"が重要です。全ての治療方法についての詳細は診断後にお伝えします。

インプラントはこんな方にオススメ
●入れ歯やブリッジに不満がある
●ご自分の歯と同じように噛みたい
●ブリッジで両隣の健康な歯を削りたくない
●入れ歯の口臭が気になる

インプラントの症例について詳しく知る
インプラントの患者さまの声について詳しく知る


トップへ » 私たちの6つのコンセプト » インプラント治療 » 【インプラント】歯を失ってしまった場合の治療方法


コールバック予約

「虫歯・歯周病・審美歯科・インプラント・顎のこと……」口元の無料相談実施しています

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

PAGE TOP