トップへ » 私たちの6つのコンセプト » 歯周病治療 » 歯周病の進行具合と治療方法

歯周病の進行具合と治療方法

新江古田こばやし歯科クリニックでは以下の3点を重視して歯周病治療を行います。

●歯周病の主原因であるバクテリアの除去
●歯周病を悪化させやすい口内環境の整備
●個別メインテナンス

軽度歯周病
歯周病の進行具合と治療方法〈症状〉
歯と歯肉の間の歯周ポケットにプラーク(歯垢)や歯石がたまり、細菌が繁殖している状態です。初期の歯周病は症状が見えにくいですが、歯肉に軽い炎症が起き、歯肉の腫れや出血が見られます。

〈治療〉
軽度歯周病の場合、歯科衛生士によるブラッシング指導、数回のクリーニングなどを行なうことにより、回復することが可能です。

中等度歯周病
歯周病の進行具合と治療方法〈症状〉
出血や口臭がひどくなり、歯石もかなり目立つ状態です。歯周菌により骨が後退しはじめ、歯周ポケットも深くなり、歯がぐらつききます。

〈治療〉
中等度歯周病の場合、歯の表面や歯周ポケットの歯石を取れる治療が必要です。歯石を除去し、歯肉の状態が改善された後に再検査を行ないます。歯周ポケットの奥にまで歯石がついている場合には、外科手術により除去するケースもあります。その後、歯周病の主原因であるバクテリアの除去し、口内環境を整備して終了です。

重度歯周病
歯周病の進行具合と治療方法〈症状〉
化膿によって、歯肉が真っ赤に腫れてしまい、骨もかなり破壊されて後退した状態です。歯のぐらつきもかなり大きくなっています。

〈治療〉
重度の場合、歯周外科にて治療することになります。治療が手遅れな場合には、抜歯となるケースもありますので、早期発見・早期治療を心がけてください。

当院では、患者さまの口内環境に合わせて、細菌検査と抗菌療法を用いた内科的アプローチと、外科的なアプローチを組み合わせた歯周病治療を行わせていただきます。「歯周病かもしれない」と思われたらすぐにでもご来院ください。


トップへ » 私たちの6つのコンセプト » 歯周病治療 » 歯周病の進行具合と治療方法


コールバック予約

「虫歯・歯周病・審美歯科・インプラント・顎のこと……」口元の無料相談実施しています

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

PAGE TOP