トップへ » 私たちの6つのコンセプト » 定期健診・クリーニング » 【コラム】予防歯科の現状

【コラム】予防歯科の現状

予防歯科日本人は50歳代後半から2人に1人が部分入れ歯を、75歳以上では約60%が総入れ歯を使用しています。しかし、北欧の国では80歳でも入れ歯をすることなく元気な高齢者がたくさんいます。

それは「虫歯になってから歯医者へ行った」のか「虫歯にならないために歯医者へ行ったのか」の違いです。残存歯数の違いからハッキリしているのです。

では、どうしたら歯を残せるのでしょうか?
その答えが3か月に1回、定期的に歯科医院で予防歯科のためのメインテナンスを受けることなのです。

欧米では、治療ではなく、この予防歯科のためのメインテナンスに力を入れたことによって、国民の平均残存歯数が飛躍的に向上したのです。歯科先進国スウェーデンやアメリカでは80%以上の人が普段からお口のメインテナンスを心がけています。

日本でも、以下のグラフのようにメインテナンスをしっかり受けた方と受けなかった方とでは80歳になった時に約9本もの差がついているのです。しかし、日本人は約2%程度の人しか、メインテナンスを心がけていないそうです。

あなたの歯はダイヤモンドよりも価値があります
自分の歯よりも優れている人工物はありません。 どんな治療を施すよりも 最も優れているのは天然歯であることは間違いありません。

ぜひ予防歯科に定期的に通うことで、年を取っても自分の歯で噛めるように、今から準備をしておきませんか!?


トップへ » 私たちの6つのコンセプト » 定期健診・クリーニング » 【コラム】予防歯科の現状


コールバック予約

「虫歯・歯周病・審美歯科・インプラント・顎のこと……」口元の無料相談実施しています

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

PAGE TOP