トップへ » 私たちの6つのコンセプト » 虫歯治療

【虫歯治療】「歯医者は痛いから苦手」という人はいらっしゃいませんか?

●スムーズな麻酔を行える電動麻酔
●麻酔注射の痛みをやわらげる表面麻酔
●体温程に温めた麻酔液
●最も細い注射針

虫歯治療

「歯科医院が苦手」という患者さまもいらっしゃるかと思います。当院にいらっしゃった方にお話を聞くと、「覚悟をして来た」という言葉をいただくことも多いものです。

しかし、当院では紹介でいらっしゃる患者さまの理由の大半が「痛くなかったから」です。

麻酔注射虫歯治療などでは、治療に入る前に痛みを抑える麻酔をかけます。そのための麻酔が痛ければ意味がありません。

当院では、麻酔注射の痛みとストレスを抑えるために、歯ぐきに麻酔をかける表面麻酔と、スムーズな麻酔注射を行える電動麻酔を行っています。また、麻酔液を体温と同程度に温めたり、最も細い注射針を使用するなど、より痛みを抑える工夫をしています。

「歯医者は痛いから苦手」という人こそ、ぜひ当院へお越しください。

できるだけ削らない・神経を取らない治療

できるだけ削らない・神経を取らない治療虫歯治療では、歯を削る量を必要最小限にとどめ、修復・予防・管理を行い、再発を防ぐことを大切にしています。

以前は、予防的な意味と金属をつめるためのスペースをつくるという必要性から歯を大きく削り、金属をつめる方法が主流でした。現在は、接着性の発展で余分な所を削ることなく、小さな穴で小さくつめる治療が可能になりました。

最小限の治療で、最大限の成果を出すこと。それが、当院の治療方針です。

「ミニマル・インターベンション」とは?
歯を削る量を必要最小限にとどめ、修復・予防・管理を行い、再発を防ぐといった考えです。

以前の歯科治療では歯を大きく削り、 型を取って金属をつめるという方法で修復していました。しかし最近では、虫歯部分も接着性の修復材料の発展で余分な所を削ることなく小さな穴で小さくつめるということが可能になりました。

当院ではこうした最新の治療を積極的に導入し、「ミニマル・インターベンション」を第一に考えた治療を行なっております。

リスク軽減のために~接着について~
"詰め物"は方法によって歯に隙間なく強く接着します。

手順をしっかりとふむと"詰め物"は歯に非常に強く接着するので、歯と"詰め物"との境界線に再び虫歯が発生する可能性が低くなります。状況により金属をつめるよりも接着を考慮した治療方法を行うことで、虫歯の再発リスク・金属アレルギーのリスク・審美性に優れることがあります。

必要最小限の治療 ~カリエス検知薬~
削った歯は2度ともとに戻りません。 当たり前のことですが、虫歯を取り残さないために、削る量を最小限にするために虫歯を薬で調べながら治療を行います。

本当の原因を追求・解決できる治療を

本当の原因を追求・解決できる治療をたとえば、右奥歯の詰め物が取れた患者さまが来られた時、「虫歯が原因なのか」、「噛み合わせが悪いためか」、「歯ぎしりや食いしばりによるものか」など、さまざまなことを考えながら、治療に当たらせていただきます。

状況に応じて、再発リスクの低い方法で治療
当院では、1つの問題が起こった時に、本当の原因を追求・解決することを大切にしています。そうすることが、1本の歯だけでなく、全ての歯を守ることに通じるからです。

虫歯には、深さ・大きさ・部位などにより種類があります。 歯の表面にできた初期虫歯や、歯の根元まで進行した虫歯など、状況に応じて、再発リスクの低い方法で治療することが重要です。

虫歯治療だけでなく、虫歯の原因や予防も踏まえた治療を行わせていただきますので、痛くなるまで放っておかずに、お気軽にご来院ください。

関連ページリンク


コールバック予約

「虫歯・歯周病・審美歯科・インプラント・顎のこと……」口元の無料相談実施しています

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

PAGE TOP