トップへ » 私たちの6つのコンセプト » 定期健診・クリーニング

【定期健診・クリーニング】虫歯にならない、お口をつくる

「虫歯になって痛いから、歯医者に行くしかないか」
という方、いらっしゃいませんか?

最近の歯科医院は「虫歯や歯周病を治療する場所」から、サロン感覚で、心地よく、「虫歯や歯周病にならないように予防する場所」という認識が広がりつつあります。

定期健診・クリーニング

定期健診では、痛くなってから治療するのではなく、普段からお口の健康を維持を目指します。リラックスできる空間の中で、定期的に歯のクリーニングや、ホワイトニングを受けることで、健康で美しいお口を保たれる方も増えてきています。

ブラッシングだけでは取り除きにくい歯石やプラークを、クリーニングで除去することにより、お口のトラブルを未然に防ぐことができるのです。「歯みがきをしても、虫歯になってしまう」「口臭が気になる」という悩みをお持ちの方は、ぜひ一度ご来院ください。

【定期健診】3つのメリット

定期健診日々のブラッシングに加えて、定期的に健診を受けることが、一生ものの歯を長生きさせるためには大切です。「定期健診3つのメリット」をご紹介いたしますので、ぜひご参考になさってください。

お口のトラブル(虫歯・歯周病etc)を防ぐことができる
定期健診で、早期に虫歯・歯周病を発見することが、効果的な治療への近道です。健診に加えて、クリーニングや歯のフッ素コーティングを行うことで、より健康な歯をつくることができます。

歯を守ることで、治療の痛み・費用を減らせる
定期的な人間ドックと同じように、定期健診はお口の健康を守るための投資とお考えください。虫歯や歯周病の発見・治療がおくれることで、大切な歯を失ってしまうリスクが高まります。早期治療の場合、期間も短く、費用も抑えられますのでオススメです。

お口の中と気分がスッキリ
クリーニングなどで歯がツルツルになり、息もスッキリすると、気分もさわやかになります。最近では、お口のサロン感覚で、歯科医院に通う方も増えてきていますね。お口がキレイになることがクセになったという患者さまも多いですね。

大人の定期健診・メインテナンスプログラム

大人の定期健診・メインテナンスプログラム1 ブラッシングの相談・練習
個々の患者さまに合わせた、ブラッシング方法、最適な歯ブラシをご提案させていただきます。

2 お口の写真検査・エックス線検査
お口の写真を撮影・記録します。 1年~2年に1度はレントゲン検査を行うことで、経過を比較・検討させていただきます。

3 歯周病の検査
歯周病や歯肉炎の進行具合を検査し、治療の必要の有無を判断します。

4 装置・噛み合わせの検査
義歯の適合状態・噛み合わせのバランスをチェックします。

5 歯石の除去と超音波洗浄
超音波スケーラーを使用し、ブラッシングでは取れない歯石を除去し、口臭や歯周病の予防をします。ポケット内のプラークやバイオフィルムを取り除きます。

6 歯の着色の除去(ジェットクリーニング)
タバコのヤニや茶渋などの頑固な汚れを専用機器で取り除き、光沢のある本来の歯面に回復します。

7 歯面研磨(PMTC) Professional Mechanical Tooth Cleaning
歯にはバイオフィルム(細菌の集合体)が付着しています。これはカンタンに除去できません。 これを専用の器具とペーストを用いて、クリーニングとトリートメントを行う方法です。 非常に効果が高く、重要な考え方です。

<効果>
・バイオフィルムの破壊  
・プラーク付着の抑制  
・虫歯の予防  
・歯周病の進行抑制
・着色の除去・再着色の抑制   
・爽快感

8 フッ素コーティング
汚れを落とした後、歯の表面にフッ素をコーティングします。

<効果>
歯の再石灰化の促進
歯質の強化
虫歯の予防  
ステイン(着色)の予防

クリーニング

こどもの定期健診・メインテナンスプログラム

お子さんには、小さなころから予防ケアの習慣をつけてあげることが非常に重要です。 丈夫な乳歯を育てることが、健康な永久歯の育成へとつながるためです。

こどもの定期健診・メインテナンスプログラムプロフェッショナルケア <歯科医院でのケア>
1.歯みがきトレーニング 
2.シーラント処置(歯の溝からの虫歯を防ぐ)
3.歯の強化 (歯を丈夫にする)
4.定期健診 (3か月に1回チェック)

セルフケア <おうちでのケア>
1. 甘いものは1日2回まで (アメ・ジュースも含む)
2. 毎日の仕上げ磨き    (本人磨きは1日2回)
3. 毎日のデンタルフロス  (少なくても1週間に2回)
4. 毎日のフッ素ジェル   (仕上げ磨きの後に)

【1~3歳】
定期検診(3か月おき)がとても重要です。小さいお子さんに負担のかからない低濃度のフッ素塗布と、親御さんへの食事・ブラッシング指導を中心に行います。

【3~5歳】
定期検診(3か月おき)をしっかり行ってください。
フッ素塗布、食事指導、親御さんに加え、こども自身が自分で正しく磨けるようにブラッシング指導を丁寧に行います。

【6歳】
歯の王様「6歳臼歯」が生えてくる大切な時期です。生えたての歯は虫歯にかかりやすく、咬む面の溝が深いので磨き残しが多くなります。6歳臼歯が顔をだしたら、ぜひ一度ご来院ください。

【6~12歳】
成人と同じ、予防スタンダードプログラムを行なっていきます。
必要であれば、咬む部分に樹脂をつめて虫歯を予防します(シーラント)。

【コラム】予防歯科の現状

予防歯科日本人は50歳代後半から2人に1人が部分入れ歯を、75歳以上では約60%が総入れ歯を使用しています。しかし、北欧の国では80歳でも入れ歯をすることなく元気な高齢者がたくさんいます。

それは「虫歯になってから歯医者へ行った」のか「虫歯にならないために歯医者へ行ったのか」の違いです。残存歯数の違いからハッキリしているのです。

では、どうしたら歯を残せるのでしょうか?
その答えが3か月に1回、定期的に歯科医院で予防歯科のためのメインテナンスを受けることなのです。

欧米では、治療ではなく、この予防歯科のためのメインテナンスに力を入れたことによって、国民の平均残存歯数が飛躍的に向上したのです。歯科先進国スウェーデンやアメリカでは80%以上の人が普段からお口のメインテナンスを心がけています。

日本でも、以下のグラフのようにメインテナンスをしっかり受けた方と受けなかった方とでは80歳になった時に約9本もの差がついているのです。しかし、日本人は約2%程度の人しか、メインテナンスを心がけていないそうです。

あなたの歯はダイヤモンドよりも価値があります
自分の歯よりも優れている人工物はありません。 どんな治療を施すよりも 最も優れているのは天然歯であることは間違いありません。

ぜひ予防歯科に定期的に通うことで、年を取っても自分の歯で噛めるように、今から準備をしておきませんか!?

中野区成人歯科健診 中野区妊婦健診を実施しております

妊娠すると歯周病や虫歯のリスクが高くなります。
〈原因は......〉
・つわり(歯磨きが気持ち悪い、お口の環境が酸性に傾き易くなる)
・女性ホルモンの増加(歯周病に影響)
・生活環境の変化(食事・間食回数の増加や内容の変化)などです。

わかっていてもコントロールするのは非常に大変です。しかし赤ちゃんがお母さんのお腹にいるときから、赤ちゃんの乳歯は作られているのです。

そして"マイナス一歳からの予防歯科"は"生まれてからのお子さんの予防歯科"に直結します。

歯周病の出産への影響も報告されています。ぜひ体調が優れるときに全体のチェックをして頂きたいです。出産後はなおさら歯科健診の時間の確保が難しいことも多いですので。

もし妊婦健診で治療の必要があった場合
歯科治療、特にレントゲン検査や麻酔の使用には不安があると思いますが基本的には問題ありません。治療時の姿勢・体勢や、治療によるストレスへの配慮が大切です。ぜひご相談ください。

中野区発行の用紙をお持ちの方は無料~200円で検診を受けることができます。

ぜひ、ご自分の為に、ご家族の為に。"マイナス一歳からの予防歯科"始めてみませんか?

関連ページリンク


コールバック予約

「虫歯・歯周病・審美歯科・インプラント・顎のこと……」口元の無料相談実施しています

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

PAGE TOP